刺青、タトゥーは就職・出世に影響する?のウソ・ホント

かっこいい・クールという意見もある一方で、根強いマイナスイメージも大きい刺青やタトゥー。刺青やタトゥーを体に入れている人は就職や出世に影響があるというのは本当なのでしょうか?

グローバルな観点から言えば、刺青やタトゥーを体に入れることはとても一般的な事柄です。アジア、欧州、北米南米を問わず、男性女性共に多くの方が刺青やタトゥーをおしゃれの一部として楽しんでいます。ビジネスや教育の場面でも刺青やタトゥーを目にすることは珍しいことではありません。小さな子どもたちも個性の表現として、または親が積極的に自分の子どもたちの体に刺青やタトゥーを入れることもあります。刺青やタトゥーは海外ではとても一般的で社会的にも気軽なおしゃれな一部として認められていると言えるでしょう。

では一方、日本の状況はどうでしょうか?
日本では刺青やタトゥーを体に入れることに対するイメージがあまり良くないことは否めません。
身体を傷つけてしまうことや、身体から消すことが難しいということも大きく影響しているようです。
それゆえ、温泉施設や公共の施設などでも刺青やタトゥーを体に入れている人の入店や利用を制限している場所も多くあります。
日本の独特な社会的な見方のゆえに、特に教育関係や接客サービスにおける就職、出世に影響が及ぶことは確かに考え得ることです。

最近では就職や出世への影響も考慮して、刺青やタトゥーを除去する方も増えており、サービスも多様化しています。
おしゃれや自己表現をどの程度楽しむかは個人個人によって異なりますが、日本においては社会的背景を考慮する必要もあるようです。