刺青、タトゥーの4つの除去方法。傷跡は残る!?

刺青、タトゥーを入れてみたけど、生活に支障があることから消したいと思われている方が多いですよね。そう思われる方はやっぱり出来るだけキレイに、何も無かったように、と特に露出の多い女性は傷跡は残したくないはないですよね。

では4つの除去方法からタトゥーの傷跡は残るのかを紹介します。

レーザー治療による除去方法

レーザー治療は、体に直接的にメスを入れずに光と熱のエネルギーによる治療でレーザーを当てられた刺青、タトゥーは色素を分解し体外へと排出します。ですが、レーザーに反応した皮膚は火傷を起こし、また、レーザー治療には数回の治療が必要とされ、完全に消す事は難しいとされいます。数回当てられたレーザーによって火傷を負った皮膚は火傷跡として残り、結果的には色のない刺青、タトゥー跡として完全に消す事はできません。

切除手術による治療

刺青、タトゥーを行った皮膚を除去して、除去し終わった両端の皮膚を引っ張り繋ぎ合わせる方法になります。刺青、タトゥーの大きさにもよりますが、線上のような細く施した刺青、タトゥーなどは傷跡は目立ちにくい程度となりますが広範囲に施した大きなものは皮膚を無理矢理引っ張り繋ぎ合わせるため力の掛かった皮膚は治りも遅く、ミミズ腫れやケロイド状となるリスクがありますので、刺青、タトゥーを消せても傷跡として残ってしまうと考えた方がいいです。

植皮手術による除去方法

植皮とは、自分の健康な部位の皮膚を刺青、タトゥーが入った箇所に移植するというものになります。刺青、タトゥーの範囲を切り取り、その切り取った皮膚と同等の皮膚が必要になるため、広範囲に入っている方は難しいでしょう。ですが、範囲が小さいからといっても上手くはいかない場合があります。それは、皮膚の癒着がキレイにいかないと腐ってしまうというリスクもあります。上手くいったとしても縫合部分の傷跡は残ります。また、移植するための健康な皮膚までも傷跡として残ってしまうのでリスクが大きいと言えます。

削除手術による除去方法

字の如く、皮膚を削り除去する治療となります。施術が上手くいくと後遺症のリスクが最小限におさえられますが、深く削り過ぎた場合、ケロイド状の傷跡として残ります。そして皮膚ガンになるリスクもあるそうです。

完全に消す事は厳しい

4つの除去方法から傷跡について調べて見ましたが、刺青、タトゥーを消す代償として傷跡としてのリスクは現状避ける事は厳しいと言えます。なので後は医師との相談をして自分が納得したうえで最小限に抑えられる除去方法と向き合ってください。